• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 低視力の方はこちら

近視矯正、LASIK、PRKは新城眼科分院へ

オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、緑内障、硝子体、各種手術・目に関する相談は新城眼科(本院)へ

白内障

白内障とは

カメラのレンズにあたるところを水晶体といいますが、この部分がいろいろな理由で白く濁ってくる状態を白内障と呼びます。

白内障の原因の最も多いものは、加齢現象によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれるものです。早い人では40歳台からはじまり、80歳台ではくわしく検 査すれば大部分の人が白内障になっています。その他に外傷によるもの、他の目の病気に続いて起こるもの、薬物中毒によるもの、先天性のものなどがあります。

水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、ニ重に見えたり、まぶしく見えたりし、進行すれば必ず視力が低下します。

白内障手術について

白内障になると、初期のうちには薬によってその進行を遅らせることができる場合がありますが、完全に治療することはでき ません。進行した白内障は、濁った水晶体を手術によって取り除く方法が一般的に行われています。手術は、現在、球後麻酔や点眼麻酔という方法で行われ、痛 みはありません。手術中には医師の話も聞こえますし、会話もできます。手術時間は白内障の程度によって様々ですが、通常10~20分程度です。

最近の手術法は超音波乳化吸引法という方法が一般的で、3mmくらいの切開創から超音波の力で水晶体の濁った中身だけを吸い出し、残った薄い膜(水晶体嚢)の中に水晶体の屈折力を補正するための眼内レンズを挿入します。


眼内レンズについて

眼内レンズは、光学部と支持部から成り、残された薄い膜(水晶体嚢)の中に、このレンズが固定されます。大きさは全体が12~13mmで、非常に小さな形をしており、コンタクトレンズをさらに大型にしたような形をしており、折り畳んで挿入します。

最近の眼内レンズは色々な種類があります。
紫外線壷球型のもの、メガネでいえばサングラスのように少し色がついたもの、遠方も近方も見えるような仕組みになっている多焦点型のものなどが開発されています。これらは患者さんの年齢や目の状態、それに希望に応じて使い分けられます。

単焦点眼内レンズ(保険適応)

ピントを合わせる調節力がないため、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えにくくなります。ピントが合わない距離を見るためには眼鏡が必要です。当院では、最新の非球面眼内レンズを使用しております。しかし角膜乱視がある症例では手術後も乱視が残り、眼鏡で矯正する必要がありました。乱視矯正が眼内レンズで行えるトーリック眼内レンズが登場したことにより乱視を軽減できるようになりました。保険適応で挿入でき、裸眼視力の向上が期待できるようになりました。ただ不正乱視や強い乱視の方は十分な乱視矯正はできません。

多焦点眼内レンズ(先進医療)

手元から遠くまでおおむねピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。2008年に多焦点眼内レンズ挿入術は先進医療に認定され、当院は2009年に先進医療認定施設に認定されました。これにより術前検査、術後検査は保険が認められ、医療保険等で先進医療特約に加入されている場合、保険給付の対象になります。

新しい多焦点IOL IQレストア® 3D

表1 基礎臨床データ

IQレストア 症例数 年齢(歳) 角膜乱視(D)
3D 32例64眼 67.9±6.5歳 0.60±0.33
4D 14例28眼 66.7±7.1歳 0.57±0.35

IQレストア® 3Dの臨床成績

Add-On(保険適応外)

眼内レンズが既に挿入された眼に、二枚目の眼内レンズを追加挿入する方法です。白内障手術後いつでも追加挿入が可能です。白内障手術後、眼内レンズの屈折誤差や残余乱視により予期せぬ、または期待と違った見え方になった場合、このレンズを追加挿入することにより屈折異常が矯正でき、裸眼視力が改善できます。また多焦点機能をもったレンズもあります。

Add-Onレンズ概要